思い出したニュースタイム 思いついたあのごろの話。

飛行機でトイレのドアと間違えて搭乗口のドアを開けてしまった男!

01.18.2015 · Posted in 未分類

事件は7月11日、ポーランドのクラクフからアイルランドのダブリンに向かう、ライアンエアーの機内で起こりました。

その日搭乗していたトマシュ・ミュシャさん(26)という男性で、実はミュシャさん、飛行機に乗るのがその日初めてで緊張していたみたいです。

気分を落ち着ける為に、CAにビールとウォッカをもらって飲んでいたミュシャさんは、慣れない飛行機でいつもより余計酔っぱらってしまいました。

09i0.jpg

その後飲み過ぎたミュシャさんはトイレに向かい、ふらふらと歩いて行った先に、ごついトイレのドアを見つけました。

彼は、トイレのドアを開けようとしましたが、頑丈な作りで簡単に開きません。仕方なく力づくでハンドルを回すと、鈍くガチャリという音がしました。

「お客様!何してるんですか!おやめください!!」

その瞬間、もの凄い形相をした乗務員が猛ダッシュで駆けつけてきました。

「何しているんですか!危険ですよ!」

「いや、ちょっとトイレに・・・」

「トイレはあっちです!!」

ミュシャさんは後方にあった搭乗用のドアを、トイレのドアと間違えて開けてしまっていたのです。

幸い気圧の差の関係でドアが開きはしなかったのですが、非常に危険な状態になっていたみたいです。

乗務員に取り押さえられると彼は大人しくなり、着陸まで問題行動はなかったみたいです。

その後ミュシャさんは「航空機内で旅客を危険な状態に晒した」として法廷に呼び出され、ダブリン裁判所は彼に200ポンド(約3万5千円)の罰金を言い渡されました。

よくお酒で失敗する人は多いけど、大惨事にならずに本当に良かったと思います。